【備忘録】腰痛と釣り

釣りに行きたいけど、腰痛が酷くて行ってません?行けません?

どれくらい酷いのか?!と問われれば、
「咳やクシャミをすると、背中にピキっと痛みが感じるくらい。」と答えます。

背負子は何キロあるの?

正直、あの大量の荷物を積んだ、背負子を担ぐのが怖いんです。

いつも背負う度に考えるのですが、いったい、磯釣りの荷物は何キロあるんだ?!

腰痛の原因は職業病

お仕事がデスクワークなので、もはや職業病なんだと思います…。

元々、腰痛持ちですが、去年までは春を過ぎれば治っていたのですが、今年は回復しません。
おそらく、前回の【No.55】釣り 真鶴(対石)«t.37»で悪化させたんだと思います。

私が思う、腰痛を悪化させた事

1.刺し餌箱の設置位置

刺し餌の箱を足元に設置していました。
刺し餌を取るたびに腰を“くノ字”に曲げていました。
あの時に膝を曲げて、腰を下ろしていれば良かったのでしょうが、
膝は真っすぐに伸ばしたままでした。

途中でバッカンに引っ掛けて、少し高くしたのですが、遅かったです。
初めての釣り場だったので、地形の情報不足なため、しょうがなかったんですけどね。

しかし、初めての場所だからこそ、荷物を色々持っていくべきだったのかな?と思っています。

第一精工 バッカン受三郎

とか持っていけば、こんな事にはならなかっただろうな。と反省しています。

でも、荷物が増えるから、結局、腰痛になっていた気もしますけどね!!笑

2.フィッシュバッカンを移動

途中で水が入ったフィッシュバッカンを移動したのですが、
これが一番の原因だと思います。

この後、釣り中に腰痛が酷くなって、ずーっと鈍痛に悩まされていました。

この時も、膝は真っすぐに伸ばしたまま移動してしまいました…。

こういう事を踏まえて、フィッシュバッカンの設置位置は、
最初に慎重に考えないといけないな!!と反省しています。

それにしても、なんでフィッシュバッカンは水を入れるのに、

クーラーボックスみたいに水抜きの栓がないんですかね?!

水漏れして、水がなくなって、魚が死ぬ。ほうが大問題だから、ついてないんですかね?!

そんなわけで釣りにいけないので、おとなしく釣りの写真でも整理しようと思います!!!
みなさんも腰痛には気を付けてください。

0
スポンサーリンク
レンタングル(大)