【No.48】釣り 真鶴(鉄棒)«t.30»

2016年12月12日 真鶴, 三ツ石, 磯釣り

2016年12月12日 真鶴, 三ツ石, 磯釣り

月曜日に真鶴に行ってきました。

【釣果情報】

場所:真鶴 (鉄棒)
潮回:小潮
天気:曇り
時間:4:00 – 10:30(5h30m)
釣果:メジナ15、キタマクラ1、ネンブツダイ3
水温:17
備考:アミエビ3キロ、撒く餌4キロ

※潮汐のスクリーンショットはiPhoneアプリ「釣り気分」より

00時00分に出発。
1時15分に到着。
4時30分頃から開始、9半に終了。
11時00分に駐車場を離れて、12時45分に帰宅。

【釣りの反省 まとめ】

たぬき

たぬきに遭遇。あぶなく轢くところだった…。

駐車場には車が1台

こ、これはマズイ予感がする…?!

鉄棒に向かう道中、カワウソに狸が2匹
先週も何か茂みの中で光っている動物がいたな。と思っていたのですが、
どうやら、あれは狸のようです。

水面を照らしてはいけません!!

目的の鉄棒は私が入りたいほうは空いてました。

おそらく知り合いだよな?!と思い、荷物を置いて挨拶に行きました。

顔をみるためにライトをつける。
ご一緒していた方に「水面を照らさないで!!」と一瞬で注意されました(泣

今思えば、三浦半島で怒られなかったのは奇跡な気がする。
まわりまわって今言われたんだな。と思いました。
その後は、あとは反対側を照らさないように注意しながら準備しておりました。

注意しながら作業したおかげで、ライトの明るさを調整できることに気づきました!!
なぜ今までMAXの明るさで私は釣りをしていたんだ?!と思わずにはいられませんでした。

練習不足

トロトロと準備。
予想よりは寒くなかったけど、準備がダラダラだった。
新しい針の結び方を覚えたんだけど、完全に練習不足でした。

蛍光テープ

前回、曇り空だと釣り具が全然わからないな。と思いました。
今回は対策として、蛍光テープヒシャク刺し餌バッカンにつけてみました。
前回よりは見えやすくなったので良かったです。

まあ、こんなのは身体で位置を覚えるべきなのかもしれませんが…。

この日は冬のせいか星空がよく見えました。
神奈川でもこんなに星が見えるんだなー。と驚きでした。

バラス

3時から開始。
さくっとHIT。
しかし、バラス。
あれ?針がダメだったか?!と思ったんだけど、
サルカンにつけたハリス10センチくらいの所で切れている。
今まで経験したことがない切れ方。なんで?!ヒレで切れた?

仕掛けを作り直す。
根に潜られて取り損ねる。
しかも、仕掛けを持っていかれる。

もう開始早々グダグダだった。

メンタルが弱い

朝マヅメあたりで釣る。
釣れてるじゃん。と言われて緊張する。
焦って根に逃げられる。
痛恨のミス。わ、私の晩飯…。絶対に25センチよりは大きかったはずはず…。

教訓として得た事は、自分のメンタル面の弱さです。
最近、一人でひたすら釣りをしていたので、第三者を意識することなんて全然なかったです…。
えぇ…、どうせ私はトイレで横に知人がいるとダメな人ですよ…。

水位が下がっていた

のちに「根あるの知ってたよね?」「玉網出すのが早かったなー。」と指摘される。
まったくもって返す言葉もないくらいの正論でした。

的中する予言

「これから2時間やるのか、ツライナー。」と言われたのですが、

まあ、前回はそれでも20センチくらいが釣れたので、
なんとかなるだろう。と甘く見ていたのですが、
コッパ地獄で最悪でした。

遠投しても、コッパだらけ。
手前に寄せてもコッパだらけ。

9時30分に釣りをやめて、魚をしめて11時くらいに駐車場を出発して帰りました。

相変わらず、コッパ地獄で冴えない結果ですが、
徐々に夜釣りのコツを掴んできたので、これからも続けていきたいと思います。

0
スポンサーリンク
レンタングル(大)
スポンサーリンク
レンタングル(大)