【釣り具】集魚剤[グレパワーV11]

この前、釣り具屋に行きました。

2017年11月03日 グレパワーV11

2017年11月03日 グレパワーV11

グレパワーV11

グレパワーV11を買ってみました。
新商品だったので買ってみただけです。
えぇ、ただの無駄遣いです。

新しい竿は必要なのか?

未だにZEROSUM 磯 真 X4 真の購入を悩んでいます。
そもそもZEROSUM 磯 弾 V3で満足しているのに、X4の値段の竿を買う必要があるのか?と悩んでいます。
宝の持ち腐れ では?と悩んでいます。
迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめとけ という言葉がありますが、これに乗っ取るのなら、買いなのかな?
いつも教えてくれる方に取り扱う予定があるか聞こうとかと思ったのですが、不在だったので無理でした。

赤い竿だと他に何がある?!と思って店内をウロウロしたら、 RAIARM GP[ライアームGP]RAFFINE[ラフィーネ]を見つけたのですが、
これも2015年に発売なので断念。

釣研の磯竿

釣研(TSURIKEN)のウキが欲しかったので、注文をお願いしました。
その時に店員さんに「釣研(TSURIKEN)はルアーブランドにリソースを割り当てているので、最近は磯の商品が直ぐに入荷できるかわからないです。」と言わました。
確かに売り場の棚をみると、釣研(TSURIKEN)のウキがチョロチョロと空欄になっている…。
お店側としては、棚に空欄があると見栄えが悪いし、困るんだろうな。と素人としては思いました。
私に不満をもたせず納得させるためのビジネストークなのかもしれないので、この情報の真偽はわかりませんが、

釣研(TSURIKEN)って、ルアーブランドがあるんですね!!(笑
ルアー釣りをやらないので全然知りませんでした。
ホームページを確認したら、確かに2008年にルアーブランド「オーシャンルーラー」と書いてありました。

他にも、どんな物を売っているんだろう?!と思ってみていたら、
2009年に磯竿を売っていたのでビックリでした。

えっ、みたことないけど、本当にあるのか?!と思って、調べたら、ホームページのページもありました(笑

釣り具は進化している

店内をウロチョロしていたら、シマノ(SHIMANO)フィッシュバッカンの新商品(フィッシュバッカン FIRE BLOOD(ハードタイプ) BK-122Q)を発見しました。
赤くて中二病ぽい名前がカッコイイな。汚れも目立たなくて良さそうだな。と眺めていたら、

ロッド立てが改良されている事に気づきました。
何度か書いているのですが、私が買った製品はロッド立てに入れると角度が垂直なせいで、
たまに放置していると、ロッドに糸が巻き付いている事が多々あるのです…。

今度の新商品は、そのロッド立てが改良されて角度がついていました!!!
あまりにも衝撃的で「うわっ、去年買わないで今年買えば良かった。」と独り言のタラレバを思わず、呟いてしまいました(苦笑
ダイワ(DAIWA)の商品もみたら、特許の関係なんだと思いますが、違う形で角度がつけられていました。(どっちが先かは知りません!!)
ダイワのほうがシンプルでした。
私のやつもダイワみたいにヘコませれば良いのか?!と気づきました。ありがとうダイワ!!

メーカーも色々と考えているんだな、と感動しました。

知人の店の壁紙の張替も無事に終わったので、そろそろ釣りに行けると思います。
そろそろ誰かさんから「さっさと早く釣りに行け!!!」とメッセージが来る気がするので、今月は必ず行きたいと思います。

1+
スポンサーリンク
レンタングル(大)