【備忘録】嫌われる勇気

「嫌われる勇気」を読んだ。

Amazonでレビュー数が2000を超えるバケモノ並みな人気の本だ。

釣り脳なりの解釈を書いていく。

目的

人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである

引用:嫌われる勇気

あっ、そうかも?!と思った。

釣りは楽しい。
しかし、悩み(ストレス)も感じる。

それは主に「対人関係」だ。
他人様の Twitter,Instagram,blog を読んでいても、
主に不満は、他人の行動だ。

だから、私は1人で釣りに行く事が多いのではないか…?

改めて
ストレスを感じた内容を書いてみる。

遅刻

待ち合わせに遅刻される。

目的の釣り場に入れない。
時合を逃す。

場所取り

目的の場所に先に人がいる。

後から来たのに無理やりな割込み。

狭いとお祭りする。

魚の扱い

魚を叩きつけた。

外道をリリースしない。持ち帰らずに殺す。

行動

ライフジャケットも着けないで、
危ない磯際に行く。
→見ていて心配になる。

夜釣り

海面を照らして怒鳴られる。

ゴミ

海にポイ捨て。

散乱したゴミ。

岩場の穴に刺してあるタバコの吸い殻。

おわりに

とりあえず思いつく限りの事を書いてみた。
あくまでもマイナス目線の話だ。
自分の得が主体な自己中心的な意見だ。

プラス目線で話せば、

隣人のコマセが効く。
1人では行きづらい場所に行ける。
道具を忘れても平気

等々、もちろんメリットもたくさんある。
1人では経験できない幸せがある。
そこは忘れてはいけない。

地磯の釣り人に1人は結構いる。
それは対人関係で疲れた仕事のストレスから、
解放されたいからなのかもしれない。

きっと私もそんな1人なのだろう。
でも、私は釣り場で知らない人と話すのが大好きである(笑)

普段の生活で出会えない人と話すのが、
釣りの楽しみの一つでもある。

1+
スポンサーリンク
レンタングル(大)
スポンサーリンク
レンタングル(大)